設立趣旨

次世代へつなぐ医療を創造する

 

 次世代へつなぐ医療を創造するために、それぞれの知識・ノウハウを持った医師や専門家がつながり、成功例や失敗例を本音で話し合いができる場として医者の井戸端会議は発足しました。

 

がん、難病、生活習慣病などの治療において、国が推奨する標準的な治療法はありますが、統合医療や代替補完療法には、まだ信頼できるスタンダードがありません。患者さんが期待する効果がでない事もあり、信憑性に欠ける情報も混ざっているのが現状です。うっかりすると訴えられかねない状況です。

 

世情として、患者さんの中には標準治療に対する不信感が募り、標準治療を標榜する医師は代替医療に対する不信感があり、メディアは日和見的で、なかなか理想的な医療は創造しにくい状況です。そのような状況の中でも、最近では標準治療で解決できない人が標準治療以外の選択肢を希望するケースも増えてきています。政府の中でもこのような動きがありますが、多くの国民が望む事が、望ましい未来医療の創造に一番必要です。

 

そこで医療の現場で携わる統合医療の医師、歯科医師、看護師、薬剤師、患者、セラピスト・ヒーラー、研究者、メーカーなど、異なる立場の医療関係者が集まり、それぞれが本音で情報交換を行うことで、国民の健康に対する適切な指針をつくるきっかけになればと願い活動しています。

 

 

活動内容

・より良い医療を受ける事ができるように

・言いたい事が言えて、聞きたい事が聞ける医療を創造するために

・受けたい医療を受ける事ができるために

・子供達に引き継いでいける希望の持てる日本の医療を創造するために

 

そんな医師とコメディカルとヘルスケアプロのための情報交換の場を提供しています。

統合医療従事者へのセミナーを通じて、必要な情報の提供や技術指導を行っています。

患者様に適切な統合医療、代替医療、サプリメント、最新治療から歴史のある伝統的治療法までの情報を提供しています。