第2回 医者の井戸端会議  カンファレンス

第2回目のテーマは循環器疾患、がんなど「生活習慣病を考える」

 

 

1日目は生活習慣病。例えばコレステロール降下剤が本当に必要になる場面はどんな場面でしょうか?血圧は低くしておくのが本当に良いのでしょうか?生活習慣病に標準治療と統合医療はどちらが良いのでしょうか?科学的な再検証と成功している治療などを紹介しながら未来の医療を考えます。

 

2日目はがんの標準療法は最高の治療法と標準療法の治療家達は言いますが、全がんで5年間の生存率は約70%。ところがステージ4になると5年間の生存率は約20.検査でステージ4.『治療法がありません。』と言われても諦められるでしょうか?

これらの問題について、現場の医師をはじめ統合医療に関わる様々な立場の専門家の講演、意見交換を行って行きます。

それぞれのテーマに日本内外の第一人者が集います。

さあ 情報を手に入れましょう!仲間を作りましょう!

             

【参加料金】※早割り 両日参加(懇親会含)

参加費               8000/

懇親会               4500/

               

【会費のご案内】

会員費               企業 15000円 / 半年分(3月更新)

                     個人   5000円 / 半年分(3月更新)

 

 

 場所  千里ライフサイエンスセンター

講演者

928日 高血圧・高コレステロール・糖尿病を見直す

高血圧・高コレステロール・糖尿病は生活習慣病として高い死亡率を持つ疾患ですが、西洋医学では克服できていない疾患です。現代医療の問題点、又伝統医療など代替療法について語って頂きます。

 

講演

井上正康                              大阪市立大学名誉教授

渡辺昌                               アジア太平洋臨床栄養学会 会長

大櫛陽一                              東海大学名誉教授

井上英哲                              井上カイロプラクティック・整骨院 院長

城谷 昌彦       ルークス芦屋クリニック院長

 

 

929日 がんの保健医療と統合医療

がん治療は標準治療が最高の治療といいながら、ステージ4になると治りづらい病気になっています。反面、代替療法は玉石混合とはいえ、標準治療には無い可能性があります。そこで問題点と協調路線、最新の技術について議論します。

 

白川太郎                              如月総健クリニック院長

萬憲章                                  よろずクリニック院長

Igor Goryanin                          エジンバラ大学教授

堀 信一                                     IGTクリニック院長・理事長 

石川貴大                                 先端バイオCEO

大野 忠夫                                セルメディシン代表

 

 

 

現在交渉中の先生もいらっしゃいますので多少変更があります。